じんだんのおかしをとりよせました

おとりよせ

友人からおいしいと教えてもらい、じんだんのおかしをとりよせて和のティータイムを楽しみました。

じんだんとは

じんだんとは枝豆やそら豆をすりつぶして砂糖と混ぜて餡(あん)にしたものです。
地域によって呼び方がことなり、じんだん・ずんだ・づんだ・じんだ・ぬたと呼ばれています。
じんだんは山形県置賜地方の方言で、山形市ではぬたと呼ばれているそうです。

以前、宮城県のお店のものを購入したときには ずんだ
今回、山形県のお店ものを購入しました。こちらはじんだんです。

じんだん本舗大江のじんだん

今回じんだん本舗大江のおかしを取り寄せしました。

じんだん本舗 大江
住所*山形県南陽市三間通37-5
営業時間*9:00~18:10
電話*0238-40-2306

じんだん本舗 大江は山形県にあるお店でじんだんをつかったおかしがたくさん販売されています。
じんだん饅頭(まんじゅう)が好きな人が多いのですが、私は今回じんだん饅頭じんだんパイをとりよせました。

じんだん饅頭ですが、

5個(594円)・8個(972円)・15個(1728円)・20個(2278円)・30個(3456円)*すべて税込* こちらは賞味期限 が要冷蔵3日となっていました。

真空パック入りものが
6個(540円)のみ こちらは 賞味期限が15℃以下7日 開封後は要冷蔵となっています。
真空パック入りものだけがミニサイズです。

密封されたものもあり、
8個(1027円)・15個(1836円)で、賞味期限が15日となっています。

じんだん饅頭とおちゃ

じんだん饅頭をとりよせる時に通常のものにしようか期限がながいものにしようか悩みましたが、期限が3日間でしたので今回は期限が7日間の6個入りのものをとりよせました。

お皿はナハトマンのボサノバ 長方形のものを選びました。
ガラスのプレートは何にでもあわせやすいので重宝しています。

カップ&ソーサーと小皿はヘレンドのヴィクトリアブーケを合わせました。

おちゃは紅茶でダージリンファーストフラッシュです。
ダージリンの中でもファーストフラッシュは緑茶に似てさっぱりすっきりしているので、和菓子とも相性の良い紅茶です。


饅頭はミニサイズでしたので、小皿でちょうどよい大きさでした。

じんだんパイとおちゃ

日を改めてじんだんパイを食べました。

山形県庄内産のだだちゃ豆のじんだん
じんだんパイは15cmほどの大きさで税込1300円でした。


パイのなかにはぎっしりと餡がつまっていました!

こちらもやっぱりナハトマンとヘレンドのアポニーとインドの華で合わせました。
おちゃは緑茶の荒茶(あらちゃ)にしました。

じんだん本舗大江のじんだんの感想

今回のとりよせではじんだん饅頭とじんだんパイを注文しました。
じんだん饅頭・じんだんパイともに口の中に甘さがずっと残らなくてさっぱりした味でした。

何人かで食べましたが、こちらのおかしは年齢が若い人よりも年齢が高い人に好評でした。
若い人はさっぱりしすぎるという感想で、年齢が高い人はさっぱりしているから食べやすいとの感想でした。
そしてパイの中にはずっしりと餡が入っていたので、重みと1300円という値段を考えた時にとてもお得感がありました!

おちゃは緑茶の荒茶(あらちゃ)にしましたが、じんだんパイは紅茶で合わせたかったらヌワラエリアでも合うと思いました。

じんだんパイは15cmでしたが、購入前に15cmを定規ではかってみたら小さいと思いましたが、実際に届いたパイを見てみたらとても大きく感じましたので、和のホームパーティーに出しても良いかも!と思いました。
今はコロナウィルスの影響で、友人をたくさん招いてのホームパーティーはしにくいですが、できるようになって和菓子好きな友人を招いた時にはこのパイを出したいと思います。

 

じんだん本舗大江のお菓子のご注文はこちらから♡


 

タイトルとURLをコピーしました